人件費を削減することができるウェブ接客!

男の人と女の人

システム管理が有利

商談

検索のための情報づくり

ビジネスの上では契約をとるためには戦略が必要になります。待ちの姿勢では取引を成功させることはできません。顧客のニーズを的確に把握したうえで、できることを提案してこそ初めてビジネスが成立するのです。商談成立に至るまでの回数は決して一回ではありません。複数回の商談を経て初めて契約に結び付くものなのです。初めの一回でニーズを引き出し、次の回で必要な提案を実施、契約に至るのは三回目以降ともいわれています。その中で商談管理は非常に重要な位置づけになっています。次の商談で有益な情報をどれだけ提供できるのかを事前に確認しておくことが必要だからです。商談管理は以前は、紙ベースの書類で行われていました。しかし最近ではシステムを利用して行う事が多くなっています。顧客の数が多くなればなるほどこのシステム管理は有効になります。それは、近似した事例を検索データベースとして探すことができるからです。以前成功した事例が必ずしも役立つとは限りませんが、ガイドラインにはなります。そのため、商談管理はだれでも閲覧できるデータベース化しておくことが望ましいのです。商談管理で大事なポイントは、何を提案したのか、そしてニーズは何であったのかです。検索するときにはこのキーワードで検索することが多くなっているため、この情報がそろっていないと有益な情報を導き出すことができないのです。そのため、商談毎に正確な情報をインプットすることは必須なのです。