人件費を削減することができるウェブ接客!

女の人

機械上の接客

PC

人件費を必要としない

もはや接客は人の手を介するものだけではありません。ウェブ接客はインターネットのサイトを通じて接客を行うものです。店舗型の来店は、インターネットサイトにその座を奪われるようになっています。飲食店や、マッサージなどその場でサービスを受けることができるサービス以外の場合、インターネットを通じて消費行動を行うケースが多くなっています。通販サイトなどショッピングはまさにその典型的なパターンなのです。しかしインターネット上では接客が行われません。その常識を覆すインターネット上での接客がウェブ接客なのです。これには主にAI機能が搭載されています。今まで見たページの履歴などを加味して、どのようなことにユーザーが興味を示しているのか、そしてどこに関心があるのかを機械的に判断します。それに基づき、ユーザーがページを移り変わるなかで必要と思われる広告や案内を自動的に行うサービスなのです。最近では、過去に検索した内容と関連する広告がインターネット上で表示されるようになっているのは、このウェブ接客を取り入れているからなのです。ウェブ接客は人件費を必要としません。しかしチャットなど本格的なサービスを行っている会社もあります。この場合、チャットに対応するオペレーターが別途存在することになります。もちろん人件費がかかるため、費用対効果を見て検討することは必要になります。もはやインターネット上では機会が接客を行う時代なのです。

システム管理が有利

商談は一回で完結するものではありません。複数回の商談を経て初めて契約に結び付くケースが多くなっているのです。商談管理にはシステムが利用されることが多くなっています。これは、検索性に優れていることがメリットなのです。

自社ブースの集客を増やす

展示会の出展は、自社ブースに多くの来場者を集客し、見込み客を獲得することが成功のポイントです。ブースの装飾の中でも重要なのがパネルです。何を展示しているか一目でわかるような具体的な内容を記載することが大切です。離れた場所からでも目につきやすいか、開放的なレイアウトになっているかもチェックしましょう。

外部委託の方法

顧客からの問い合わせの受付業務を外部に委託したい場合には、東京都内で事業展開している電話代行会社が便利です。休日や深夜にも利用できるサービスもあり、顧客へのきめ細かい対応を実現しながら、コストを削減することも可能です。